1. ホーム
  2. 統計解析・品質管理
  3. イベント・セミナー
  4. 主催セミナー

主催セミナー 手法マスターコース(1日間) IATF16949:2016対応
MSA入門

参加のおすすめ

自動車業界のセクター規格であるIATF16949:2016では,「安定している工程で生産すること」「安定な工程であることを確認した上で工程能力の推定を強調する」ことが,自動車産業の必要条件となっています.これは,他の業種でも同様のことが言えます.

また,一度安定な工程に到達したとしても,工程の管理要素や要件は絶えず変化し,予測外あるいは突発的な条件変動が発生することがあります.そのため,通常で安定している工程の状態を維持し,更に改善するには,工程の継続的管理が必要です.

しかし実際に現場で見かけるのは,「目的が不明の管理図」,「目的に合っているのか意識されていない管理図」などです.これではせっかく費用をかけて収集したデータの価値を活かすことにはなりません.有効な工程管理,改善を行うためにもまず,基本的な考え方を知る必要があります.

本コースの狙いは,コアツールであるMSAの理解と統計パッケージ「StatWorks/V5」を活用して日常業務を効率化できるよう,分かりやすく解説しながら習得することを目的としています.

SPC入門FMEA・FTA入門も合わせて受講いただくと,より理解が深まります.

MSA入門セミナーは企業出張セミナーでもご好評をいただいております.
SPC・MSA入門 企業出張セミナーのご案内


本コースに参加の方には,会社や自宅に帰ってすぐに活用できる「JUSE-StatWorks/V5 期間限定版(30日間)&演習のデータ」のCDまたはDVDをお渡しいたします.


※ パソコンを1人1台用意いたします.講義と演習を織り交ぜて進めていきます.

受講対象 (レベル:初級~中級)

参加された方の声

カリキュラム

テキスト 実務に役立つシリーズ『第2巻 管理図・SPC・MSA入門』
演習ソフト JUSE-StatWorks/V5
  1. 正規分布,分散の加法生,Xbarの性質
  2. 仮説検定と危険率の考え方
  3. MSAとは
  4. 安定性,偏り,直線性
  5. 計量値の場合のMSA
  6. ゲージR&Rの解析の考え方
  7. 計数値の場合のMSA
  8. 仮説検定分析(クロスタブ法)

※ 講義内容は変更になる場合があります

講師

加瀬 三千雄氏(QCコンサルタント)

開催日程とお申し込み


地図

割引価格については「セミナー割引特典」をご覧ください.

JUSEパッケージセミナーの東京会場(千駄ヶ谷)は,日科技研ビルとなります.
東京千駄ヶ谷会場までのアクセス方法

受講料(税抜)
一般 新規パッケージご購入者 保守契約者 アカデミック
2019年度
27,500円 24,750円 24,750円 13,750円
2020年度
30,000円 27,000円 27,0000円 15,000円
日程会場時間 定員
2019年度
2019年6月27日(木) 東京
(千駄ヶ谷)
09:30~16:30 20名
2019年8月20日(火)
2019年11月14日(木)
2020年度
2020年6月24日(水) 東京
(千駄ヶ谷)
09:30~16:30 20名
2020年9月3日(木)
2020年11月12日(木)

SPC入門FMEA・FTA入門も合わせて受講いただくと,より理解が深まります.


セミナーに関するお問い合わせは数理事業部 セミナー事務局までお問い合わせください.併せてセミナーに関するよくあるご質問もご覧ください.

イベント・セミナー参加お申し込みへ
メールマガジン
最新の製品アップデート情報やセミナー・イベントなどのお知らせを,eメールでお送りします