1. ホーム
  2. 統計解析・品質管理
  3. 製品案内
  4. ネットワーク版のご案内

基本的な動作(内部処理)(JUSE-StatWorks/V5 ネットワーク版)

サーバー・クライアント間

ネットワーク版システムでは,起動時,利用中,終了時それぞれでサーバー・クライアント間で下記のような内部的な処理が行われます.

StatWorks起動中に発生する通信量は,1クライアントにつき,起動時に1KB,終了時に1KB弱,その他に起動中一時間当たり5KB程度と,V4.0に比べネットワーク負荷が大きく低減しました.

サーバークライアント間の通信

  1. クライアントPCでStatWorksを起動.
  2. クライアントPCからサーバーPCへ,登録されているクライアントかどうか確認.未登録の場合はその旨メッセージを表示.
  3. クライアントPCからサーバーPCへライセンス確認.ライセンスに空きがあれば起動.ライセンスに空きが無ければその旨メッセージを表示.
  4. サーバーPCとクライアントPCの間で定期的に接続を確認.長時間切断した場合は,サーバーはライセンスを解放する.
  5. 終了時に利用状況を送信(ログサーバーと接続できない場合は,次回接続時にまとめて送信)
  6. 定期的にサーバーから最新ファイルを取得し,更新する(自動アップデート機能)

ファイアウォール,ポートの設定

ネットワーク版サーバーの場合,サーバーからクライアントへアップデート用差分ファイルを配信するには「サーバー側のファイアウォール」および「サーバー・クライアント間の通信機器で適切なポート設定」が必要です.

ポート番号で通信可・不可を管理したい場合は「プログラムの追加」ではなく「ポートの追加」で「ポート番号(8765, 8764, 50011),プロトコル(TCP)」を登録して下さい.接続できるクライアントを制限したい場合は登録したプログラムまたはポートを選択し,「プロパティ」の「スコープの変更」でサブネットやIPアドレスの制限を行って下さい.

サーバー・インターネット間 (オプション)

「自動アップデート機能」を設定したサーバーは,日科技研の配信サーバーからHTTPプロトコルを使ってStatWorks最新ファイルをダウンロードします.サーバーは最新ファイルをクライアントPCに配信し,サーバー・クライアントとも自動で常に最新の状態を保つことができます.

自動アップデートの設定項目

ネットワークに関する設定項目
項目内容
アップデートファイルのダウンロードファイルのダウンロードを開始/停止の設定ができます.回線状況などにより大きなファイルをダウンロードしたくない場合に,一時的にダウンロードの停止ができます.
プロキシ 社内LANからインターネットへ接続する際のプロキシの設定ができます.HTTPプロキシサーバーとポートを指定します.
最新版確認間隔 配信サーバーに最新のアップデートファイルを確認しにいく間隔を設定します(6時間,12時間,24時間).
最新版取得リトライ数 ダウンロード中に通信エラーが発生した場合,何回同じ処理を繰り返し行うかを指定します.指定上限回数に達してもエラーがー起こる場合は,最新版確認間隔が経過したのち,再び同じ処理を行います.
更新に関する設定項目
項目内容
モード クライアントPCでの更新の自動/手動を設定します.
開始時間・終了時間 自動ファイル更新処理を開始する時間と終了する時間を指定します.
更新間隔 次の更新処理を開始するまでの間隔を指定します(30分,1時間).

このほかにも同時応答クライアント数の設定や,アップデートの状態確認(ログ)の機能があります.

セキュリティ上の理由等でサーバーがインターネット接続できない場合は,アップデートファイルを手動で取得し,サーバーを手動更新して下さい.作業手順についてはアップデート方法のページをご覧ください.

ご購入・お見積・お問い合わせ

ご購入お申し込み,お見積をオンラインで受け付けています.

JUSE-StatWorks/V5の無料体験版をお試しください
当社製品に関する資料・カタログをお送りします
イベント案内や製品などの最新情報をお届けします

ご不明な点がございましたら,お気軽にお問い合わせください お問い合わせ窓口へ

新製品 StatWorks/V5 機械学習編 製品説明会
7/3東京 8/2名古屋 8/5大阪 参加費無料(事前申込制)
機械学習編の手法や実務での活用場面をご紹介
メールマガジン
最新の製品アップデート情報やセミナー・イベントなどのお知らせを,eメールでお送りします