1. ホーム
  2. 統計解析・品質管理
  3. 製品案内
  4. 手法一覧

マトリックス図とは(新QC七つ道具)

マトリックス図は,問題としている事象の中から対になる要素を見つけて,行と列に配置し,その交点に各要素の関係の有無,関連度合いを表示する手法です.
特徴として,

があります.

マトリックス図は,重要項目の洗い出しに優れており,特に「テーマ選定」などによく用いられます.

マトリックス図の種類としては,事象A×事象Bの2事項を扱う二元表の形で作成したL型マトリックス図,3事項を扱うT型マトリックス図,Y型マトリックス図,C型マトリックス図,4事項を扱うX型マトリックス図などがあります.実際多く使用されているのは,L型マトリックス図です.

本システムではL型マトリックス図とT型マトリックス図を使用することができます.

スクリーンショット
L型マトリックス図

スクリーンショット
T型マトリックス図

マトリックス図の使用方法

1. テーマの選定

「今年度実施結果に対する反省」をテーマに,L型マトリックス図を描いてみます.

[手法選択タブ]から[新QC七つ道具]-[マトリックス図]を起動すると,「新規作成」か「既存のファイルを開く」かを選べますので,「新規作成」を選択します.

2. 初期設定

図3
図1. 初期設定

「マトリックス図初期設定」というダイアログが表示されますので,マトリックス図の形式と行数,列数,表頭(列)の名称,表側(行)の名称を設定します.

ここでは形式をL型マトリックス,行数を4,列数を5,表側の名称を「問題点」,表頭の名称を「評価項目」に設定します.

3. 項目の入力

図3
図2. 項目の入力

マトリックス図が起動するので,各項目(問題点と評価項目)をそれぞれ入力します.

項目のセルをダブルクリックするとテキストが入力できるようになります.

4. 関連の有無・度合いの入力

図3
図3. 関連の有無・度合いの入力

項目ごとの関連の有無と関連の度合いを入力します.

セルをダブルクリックすると記号の一覧が表示されますので,そこから適切と思われる記号を選んでいきます.必要なら備考欄にコメントを入力します.合計点と順位は自動的に計算されます.

5. 最も得点が高い項目の強調表示

ツールボタン[強調表示]ボタン を押すと,最も合計点が高かった項目行が色付けされます.

図3
図4. 最も得点が高い項目の強調表示

本システムの機能・特徴

記号・配点の編集
ツールボタン[オプション設定]を押すと記号,配点,得点・順位欄の表示,入力方法,表側の名称,表頭の名称を変更することができます.

無料体験版をダウンロード

こちらの手法を搭載した 「JUSE-StatWorks」の体験版をお試しください.

統計的手法を身につけ,実務に生かす

イベント・セミナーのご案内

パッケージをご購入いただいた方や保守契約者の方には,割引サービスがあります.また,学生,教員,研究機関職員の方向けのアカデミック価格もございます.

【イベント】第27回 JUSEパッケージ活用事例シンポジウム参加費無料(事前申込制)
テーマ「ビッグデータ時代の統計的方法の有用性」
開催日:2016年12月4日(月) 会場:SYD修養団ビル(東京都渋谷区)
【セミナー】StatWorks/V5操作入門(対象パッケージ購入で受講料無料)
統計解析入門者におすすめのセミナーを定期的に開催しております.パソコン・ソフトは当社で用意いたしますので,ソフトをお持ちでない方もお気軽にご参加ください.
eラーニングシステム『StatCampus』のご案内
原則毎月1日開講で受講期間は3か月間
eラーニングでStatworksの操作方法や,手法理論解説のコースを提供いたします.コンテンツの一部の無料体験や各種割引もございます(パッケージ購入,保守契約者など)
自習や集合研修に…関連書籍
JUSE-StatWorksによる新品質管理入門シリーズ 第2巻 『新QC七つ道具入門』
新QC七つ道具入門 「新QC七つ道具」の手法を,活用事例を交えながら解説
棟近雅彦 監修 / 猪原正守 著
定価 2,800円(税抜)
書籍用体験版とサンプルデータ公開中 ダウンロードへ

イベント案内や製品などの最新情報をお届けします

メールマガジン
最新の製品アップデート情報やセミナー・イベントなどのお知らせを,eメールでお送りします