1. ホーム
  2. 会社案内
  3. CSR活動
  4. >公正な事業環境

公正な事業環境

当社ではトップマネジメントから社員一人ひとりにいたるまでが正直、公正、誠実といった価値観に基づいて行動します。企業市民としての社会でのあり方の根幹を貫いているのが倫理的な行動で、「品質経営」、「環境経営」のバックボーンでもあります。

【コンプライアンス遵守の徹底】

  • 当社では紙に書かれたルールを守るだけではなく、実効性を持たせるための取り組みを実践しています。

【ITの活用による内部統制】

  • 様々な法律や商習慣に則り日々の企業活動は遂行されています。当社では、お客様との取引の際には談合や不正競争防止などの取引条件に関するコンプライアンスのチェックを行い、不正な商取引の防止を図っています。これを助けるのがITを最大限に活用した内部統制の仕組みです。お客様への提案や引き合い時点から受注後の生産活動のすべての活動がデータベースに登録され、トップマネジメント、担当役員、関係者が進捗状況、付帯情報を随時閲覧可能とした仕組みを社内システム上に構築・運用しています。パートナー様への発注に関してもこのシステムから下請法(3条書面)を順守した注文書が交付され、この書面の条件に従って確実に検収確認と支払いを行っています。

【情報セキュリティ・個人情報保護】

  • お客様の大切な情報資産をお預かりしている当社は情報セキュリティの確保に努めています。情報セキュリティに関しての基本方針の審議、課題の検討、社内への普及を図ることを目的として、情報セキュリティ委員会を設置しています。ここで検討、決議された事項は経営会議や幹部会を通じて全社へ展開され、セキュリティレベルの向上に努めています。
  • 個人情報保護管理マネジメントシステム(PMS)を構築・運用しています。2004年にプライバシーマークの認定を取得しました。2014年2月には6回目の更新を行っています。

【監査】

  • 当社では監査部門による定期的な監査業務を実施しています。単なる法規への適合性監査ではなく、ITシステム活用による業務遂行が本当に内部統制に役立っているのかといったコンサルティングの視野も含めて、トップマネジメントの視点での監査に努めています。
  • 情報セキュリティ・PMSの監査を業務監査とは別に実施しています。情報資産や個人情報が定められたルールに従って管理されているかどうかを厳しくチェックするために、日常業務での取り扱いレベルにまで踏み込んだ精緻な監査に努めています。当社では監査の公正性・透明性の向上、改善活動の助長を促す目的もあり、これらの監査報告は社内Web上で全社員が閲覧可能としています。

【教育】

  • 社員一人ひとりのコンプライアンス意識を向上させるために、役員、社員だけではなく当社で働く協力会社の方も含めたかたちで定期的に情報セキュリティ・PMSを含めたコンプライアンス教育を実践しています。