1. ホーム
  2. 会社案内
  3. CSR活動
  4. >消費者課題

消費者課題

「TQM」や「デミング賞」の普及・審査などで有名な日科技連グループの一員である当社は,お客様へ提供する製品やサービスの確かな品質を通じて,産業界や官公庁,大学・学会等と深くつながっております。当社の品質方針にも掲げる「品質第一」や「お客様第一」の精神は、創業以来50有余年の長きにわたり、お客様にご愛顧され続けてきた私どもの風土・文化でもあります。これからも問題解決のパートナーとして「日科技研」を選んでいただけるように、社員一同、品質経営に努めてまいります。

【品質保証とさらなる改善のための仕組みづくり】

  • ISO9001に基づいた品質マネジメントシステム(1999年に認証取得)
    お客様の満足度向上のために、製品やサービスを生み出す仕組みである品質マネジメントシステム(QMS)を取得、継続して改善してまいりましたが、お客様への品質、コスト、納期を満たすための改善活動に終わりはありません。
  • TQM活動
    当社では、トップダウンで行うISO9001に基づく品質マネジメントシステムに、現場の業務改善活動としてTQM(全社品質管理活動)を取り入れ、改善のスピードアップ、お客様へのレスポンス向上、変化する市場への迅速な対応など、さらなるCS向上(Customer Satisfaction )を図っております。この活動は、社内の各部門が抱えるお客様に関連した課題をテーマとして、「問題解決技法」を用いてチームで解決を図るもので、活動した成果を社内発表会で報告、研鑽、質の改善を進めてまいりました。

【品質向上への取り組み】

  • 受託したシステム開発業務やデータセンター業務では、案件毎にプロジェクトとして、社内の生産管理システムを駆使し厳格に管理しております。特に、当社では品質コストの低減を図るため、Q/C/Dを基本要件として、納品前(インプロセス)と納品後(アウトプロセス)の予測と実績値から品質コストを測定、その結果をもとに対策をリアルタイムで実施しております。
    これらの活動により、プロジェクトにおける問題の早期発見と解決、フォローアップを速やかに行い、お客様に満足いただける製品やサービスを継続的に提供しています。

【お客様と共に歩む Win-Winのネットワーク構築】

  • 当社が開発販売する統計解析パッケージソフト「JUSE-StatWorks」のユーザーから頂くご意見やお問い合せ情報は、社内のデータベースに登録され管理されます。購入以前のご質問はもとより、購入後の使い方のお問い合せやご意見、要望、クレームなどには、「誠意」をもって「クイックレスポンス」に努めておりますが、重要度やリリース時期などを総合的に判断し、バージョンアップやリビジョンアップを通じて製品やサービスに反映しています。
    当社は国産ソフトとして、パワーユーザーの声や有識者の意見、データ解析を求める時代の流行(タグチメソッドやSEM因果分析、新QC七つ道具等)などを積極的に次の製品開発に活かし、日系企業の生産管理や品質管理実務に貢献することをモットーとしてきました。
  • 購入後のお客様へのサポートとしては、導入サポートはもとより、有償・無償の各種テクニカルサポートやセミナーの実施、解説書出版、システムカスタマイズの実施、会報誌出版などを実施しています。購入したが今一つ使いこなせない、より業務に有効に使う方法を知りたいなどのお客様からの要望には丁寧に応えています。
    会報誌:企業・大学における導入事例
  • 活用事例シンポジウムの開催 当社の統計解析パッケージソフトは1985年に開発販売を開始した品質管理支援システム「JUSE-QCAS」の時代から、現在の「JUSE-StatWorks」にいたるまで、継続してユーザーの皆さまの交流、優良事例の交換、最新情報の提供、エキスパート賞授与などの共有・研鑽の場として活用事例シンポジウムを開催してきました。今年は第23回目となりますが、1月22日に本社1号館の講堂で開催されました。記念講演や多数の報告、160名あまりの参加者を得て盛況でした。発表された事例に対して、ユーザーや学識経験者、当社関係者の間で忌憚のない意見交換がなされ、当社に対する改善要望や不満、エールなども飛び交います。これらの意見を集約して製品やサービスは改善され、今日、日本を代表する統計解析パッケージへと成長し、今後もお客様と共に歩むものと確信しています。
    JUSEパッケージ活用シンポジウムでの講演および事例報告
  • 開発委員会による関与 当社の統計解析パッケージは、日科技連のセミナー講師陣・大学教授やパワーユーザー、および当社開発スタッフで構成される開発委員会等を設け、市場調査・分析、搭載統計手法の選択と使用機能の吟味、ユーザーインターフェース、アルゴリズムや計算精度の評価、フィールドテスト実施・評価など、多岐にわたる観点からの審議・承認を経て、初めて市場に投入されます。

【お客様に関するデータの安全管理】

  • お客様に関する登録情報はデータベースに格納され、プライバシーマーク認定を受けている当社の個人情報保護管理マネジメントシステム(PMS:JIS15001)に基づいて厳重に管理されています。お客様の登録情報に関してのお問い合せの方法については当社のウェブサイトに公開しており、スムーズな対応を心がけています。