日本の製造業の品質管理を支え続ける
統計解析ソリューション・サービスを提供しています

多くのメーカーが導入している国内No.1
品質管理パッケージソフトの開発

当社の関連団体である(財)日本科学技術連盟は、日本の工業の黎明期から高度な品質管理の実現に取り組み、世界に冠たる“Made in Japan”の品質をつくりあげた陰の功労者です。

そのノウハウに基づいて開発された統計解析パッケージ〈JUSE-StatWorks〉シリーズは、日本における品質管理の標準パッケージとして、これまで10万セット以上を販売。データ解析の専門家が持つ独自の解析技術・テクニック・知見が多数盛り込まれているため、自動車、電機、化学、医薬、さらには大学・研究機関など、日本を代表する多くの企業や組織で利用されています。

近年は技術開発・設計開発部門での最適条件探索や、製品発売後の市場不具合データ解析など、活用場面も拡大。企業活動のグローバル化に合わせて英語版・中国語版もリリースしています。


統計解析業務パッケージ JUSE-StatWorksページへ

ソフトのカスタマイズやセミナー開催など
使いやすさを向上させるサービスも拡充

近年、製造や品質に関するデータは、企業の基幹システムと結びつく形で管理・処理されるケースが増えてきました。そうした各種システムとの連携や使用環境・使用目的に合わせた微調整など、広範なカスタマイズも行っています。社内標準化に対応したネットワーク版もご用意。独自のご要望に合わせたプラスαの機能提供が可能です。

また、どんなに優れたソフトでも、その特性を理解した人材が適切に操作しなければ、本来の力を発揮できません。当社では集合型のセミナーはもちろん、各企業へ出向いてのオーダーメイドの研修など、様々な研修を随時実施し、企業の人材育成をサポートしています。

データ解析サービスも実施し、解析のアウトソーシングにも対応しています。


イベント・セミナーのご案内ページへ

IoTやビッグデータに対応した、新たな
パッケージソフトやサービスを提供

各メーカーにおいて、ビッグデータへの対応が次々とスタートしています。そうした次世代のデータ解析も、当社は全力でサポートします。今後一気にIoTが推進されることで、製造現場はもちろん、設計や物流、リリース後の市場においても、製品に関する膨大なデータが集積されることになります。

種々雑多なデータをいかに整理し、どう意味づけしていくか。
どのように製品づくりやトラブルの早期発見・解決に役立てていくか。
インダストリー4.0の時代にどう対応するか。

そこには、従来とは違った統計手法が求められることになります。現在、次世代型の統計解析パッケージソフトも鋭意開発中です。日本のものづくりが今後も世界のトップを走れるよう、全力でサポートします。

特殊な解析/管理ソフトの受託開発も実施
品質管理に関するあらゆる要望に対応

当社ではこれまでも製造・品質管理現場からのご要望に応じて、様々なアプリケーションを開発してきました。たとえば現在は汎用ソフトとなっている〈JUSE-QIMS〉(品質検査情報管理システム)は、元々ある化学メーカーと共に製品データ管理、試験成績書の作成等を行うソフトとして開発したものです。

現在はここに不適合品管理機能や市場クレーム管理機能などを追加し、さらに〈JUSE-StatWorks〉と連動させるなど、統合品質検査情報管理・解析システム〈JUSE-QI Works〉へと発展しつつあります。

製造業に対する深い理解を基盤に、〈JUSE-QIWorks〉に高度なカスタマイズを施し、お客様にふさわしいオリジナルシステムをご提供します。


品質情報管理システム JUSE-QIMSページへ