1. ホーム
  2. トピックス

トピックス

2017年度の主催セミナースケジュール(2017年4月~2018年3月)の公開と受付を開始いたしました.

詳細は下記のリンクをご参照ください.

http://www.i-juse.co.jp/statistics/seminar/coursework/


(続きはこちらをクリックください)
ページの先頭へ

2016年12月8日に開催されたシンポジウムルポと発表資料を公開いたしました.

詳細はこちらのリンクをご参照ください.


(続きはこちらをクリックください)
ページの先頭へ

ブラウザ上でユーザが逐次的に提示される選択肢の中から自分の問題や課題に合致する項目を選ぶことで,推奨する統計解析手法のヒントを得ることができるシステムです.

2017年3月末日までどなたでも無料でお試しいただけます.

詳細はこちらのリンクをご参照ください.


(続きはこちらをクリックください)
ページの先頭へ

平素は,弊社製品をご愛用いただきまして,誠にありがとうございます.

このたび「JUSE-StatWorks/V4.0(日本語版)からV5へのバージョンアップを2018年3月31日をもちまして終了いたします.

ご不便をおかけしますが,何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます.

詳細はこちらのリンクをご参照ください.


(続きはこちらをクリックください)
ページの先頭へ

対象製品はJUSE-StatWorks/V5シリーズ全般(日科技連 実験計画法セミナー版含む)です.

詳細はこちらのリンクをご参照ください.


(続きはこちらをクリックください)
ページの先頭へ


ページの先頭へ

本年度のテーマは「価値を生むためのデータ分析の考え方」とし,記念講演には40万部を突破したベストセラー『統計学が最強の学問である』の著者である統計家,西内啓氏をお迎えします.さらに,企業や大学及び弊社製品ユーザーの方々から事例報告や研究発表なども行います.
開催日:2016年12月8日(木) 会場:京王プラザホテル
参加費無料(事前申込制)です.お席に限りがありますので,お早めにお申込ください.

詳細はこちらのリンクをご参照ください.


(続きはこちらをクリックください)
ページの先頭へ

GTSTRUDLの最新バージョン、
GTSTRUDL2016が2016年冬にリリースされました!。

GTSTRUDL 2016が旧バージョンVer.33から大きく変更された点は以下4点です
注1)Ver.33以後、バージョン表記が改定されました。Ver.2016は旧表記のVer.35に相当します。
注2)Ver.2015(Ver.34に相当)はリリースされたものの、日本のユーザ様には配布が間に合わな
   かったため、ここではVer.33との違い示します。

  • GTMenuが大幅にリニューアルされより使いやすくなりました。
     ‐ 画面が分割可能になり複数の図を同時に表示することが可能になりました(下図参照)。

GTSTRUDLスタート画面

メッシュ図と応力コンターの同時表示画面

  • 新グラフィックユーザインタフェイス、CADモデラーが標準搭載されました。
     ‐ モデル作成をより視覚的を行うことができるようになります。
       機能概要は本ページ下段をご覧ください。
  • 64bit高速ソルバーが標準搭載されました(Ver.33まではオプション)。
     ‐ 大規模モデルをより高速に解くことが可能となります。
  • スタンドアローン版は廃止され、すべてのライセンスはネットワーク版に移行しました。
     ‐ より使い勝手が良くなります。
  • その他、数々の機能追加、機能強化、バグ修正が行われました。

  •  ‐ 詳細は以下のファイルをご覧ください(英文ですがご容赦ください)。

    relguide.pdf(PDFファイル,英文,2.0MB)


(続きはこちらをクリックください)
ページの先頭へ

2017年4月新卒採用の募集は終了しました。2018年4月新卒採用は、2017年3月1日にマイナビにて募集します。
当社は、50余年の歴史を持つソフトウェア開発会社です。
先輩が築いた多くの財産である「お客様の信頼と業務知識」は、あなたを大きく成長させます。

newimage1.gif


(続きはこちらをクリックください)
ページの先頭へ

ページの先頭へ