1. ホーム
  2. 統計解析・品質管理
  3. 製品案内

設計・開発者向けパッケージ
JUSE-StatWorks/V5 品質工学編


標準価格45,000円(税抜)



JUSE-StatWorks/V5は日本メーカーの高品質を支える,統計解析・品質管理ソフトウェアです.

この度,技術開発・設計分野などで活用されているパラメータ設計や許容差解析に加えて,MTシステム(MT法)を新規に搭載した「JUSE-StatWorks/V5 品質工学編」を発売いたします.是非この機会に,パラメータ設計やMTシステムをご活用ください.

JUSE-StatWorks/V5 品質工学編の無料体験版を公開しました
ダウンロードサービスより,ダウンロードしてお試しください.

StatWorks/V5 品質工学編の特徴

  1. パラメータ設計や許容差解析に加えて,MTシステム(MT法)を扱うことができます.これらの手法では,ワークシート上からデータ入力する以外に,Excel上からデータ表を簡単に取り込むことが可能です.
  2. 統計量だけではなく,動特性の入出力図やマハラノビスの距離などの様々なグラフが出力でき,視覚性に優れています.
  3. 品質工学を研究し,実際に活用されている方のご意見をもとに「実務で使える」というコンセプトをシステムに反映しています.例えば,パラメータ設計では,要因効果図のグラフを見ながら,その場で最適条件や現行条件を変更することができます.
    またMTシステムでは,実際の現場で生じる「多重共線性」の問題へ対処する機能が付いています.
  4. 基本的な解析機能も網羅されているため,収集されたデータをワークシート上でデータ変換したり,多変量連関図などの基本解析や,検定・推定を行ったりすることができます.
出力画面例:パラメータ設計
パラメータ設計の設定 要因効果図 入出力図
出力画面例:MT法
グラフ
(マハラノビスの距離のグラフ)
判定結果 要因効果図

MTシステム(MT法)とは

田口玄一氏から提案された新しいパターン認識と予測の技術で,見た目の違いや波形の違いなどの数値化しにくいものに対する尺度を構成する,非常に有効な手法です.技術開発,生産技術,あるいは医療管理などの幅広い分野で活用されています.

MTシステムはその目的や計算方法によって,いくつかの方法がありますが,本製品ではMTシステムのベースとなる「MT法」の機能を搭載しています.MT法は,変数間の相関関係を考慮したマハラノビスの距離を用いて,正常/異常の判定を行うことができます.さらに,異常と判定されたデータの原因分析が可能です.

StatWorks/V5 品質工学編の「パラメータ設計」や「MT法」の機能の詳細は,手法説明ページをご覧ください.

活用場面

パラメータ設計

MT法

事例紹介

StatWorks/V5を使ったパラメータ設計やMT法の事例を,ご覧いただけます.

製品仕様・稼働環境

本パッケージは,以下の機能をサポートしています.詳しくはJUSE-StatWorks 機能・手法一覧をご覧ください.

本ソフトウェアに必要な環境についてはJUSEパッケージ 稼働環境・対応OSと取扱データをご覧ください.

価格

製品価格表をご覧ください.

ご購入・お見積・お問い合わせ

ご購入お申し込み,お見積をオンラインで受け付けています.

JUSE-StatWorks/V5の無料体験版をお試しください
当社製品に関する資料・カタログをお送りします
イベント案内や製品などの最新情報をお届けします

ご不明な点がございましたら,お気軽にお問い合わせください お問い合わせ窓口へ

【参加費無料】第27回 JUSEパッケージ活用事例シンポジウム
「ビッグデータ時代の統計的方法の有用性」
2017年12月4日(月)開催 SYD修養団ビル 2階ホール
メールマガジン
最新の製品アップデート情報やセミナー・イベントなどのお知らせを,eメールでお送りします