1. ホーム
  2. 統計解析・品質管理
  3. 製品案内
  4. ネットワーク版のご案内

JUSE-StatWorks/V5 ネットワーク版のご案内

本ページでは,JUSE-StatWorks/V5ネットワーク版システムをご紹介いたします.
弊社では,JUSE-StatWorks/V5を複数本ご導入されるお客様には,ネットワーク版システムのご導入をお薦めしております.

ネットワーク版とは

ネットワーク版は,社内イントラネットに接続された任意のPCにクライアントプログラムをインストールし,使用することができるシステムです.複数ユーザーがJUSE-StatWorks/V5を社内で使用する場合,集中的に導入・運用できるため管理の負担が軽減できます.また,スタンドアロン版に比べて導入コストが割安です.

V4.0では“標準型”と“クライアントフリー型”の2種類の製品契約形態があり,複数の事業所を跨るネットワークの場合の契約が複雑でしたが,V5ではシンプルに「1サーバー1契約」と改めました.サーバー1台で,複数事業所のクライアント管理,ユーザー数やクライアント数の異なる複数製品を管理するシステムを構築することが可能です.

アイシン精機株式会社様の導入・運用事例

日常業務の中でSQC手法を使いこなす トヨタグループの中核企業
社内で誰でもStatWorksを利用できる環境を整えるため,StatWorksネットワーク版を導入いただきました.全社で問題解決のスピードアップ効果を得られた事例です.
アイシンにおけるSQC活用の日常化に向けたStatWorks全社展開の取り組み
JUSE-StatWorks/V5 ネットワーク版の管理者ツールで,ライセンスの管理や手法の利用状況を把握し,SQCを活用した重要問題解決件数やQC検定合格者の増加を実現された事例です.

ネットワーク版システム対応製品

※ 上記以外の製品もネットワーク版対応が可能です.詳しくは数理事業部 パッケージサポート係までお問い合わせください.

ネットワーク版導入のメリット

1. 社内イントラネットに接続された任意のPCで使用できます(V5機能向上)

ネットワーク版は,社内イントラネットに接続された任意のPC*1-1にクライアントプログラムをインストールし,使用することができます*1-2.JUSE-StatWorks/V5を社内で複数ユーザーが使用する場合,集中的に導入・運用できるため管理の負担が軽減できます.

また,V4.0までは同時使用ライセンスが最大25台という制限がありましたが,V5では1サーバー当たり最大1,000台までの同時使用が可能になりました.

*1-1
社内イントラネット上の同一法人に属するPC
*1-2
同時に起動できる台数は同時使用ライセンス数まで

2. スタンドアロン版に比べて導入コストが割安です

社内で使うユーザーが多く,利用頻度(同時刻の利用)が少ない場合,サーバーに同時使用ライセンスを必要数のみ置いて共用することで,全体の導入コストを低く抑えることができます.

例えば「JUSE-StatWorks/V5 総合編」を25台のクライアントPCで使う場合,同時使用ライセンスを5ライセンスとすると約65%のコスト節約が可能です.


ネットワーク版の同時使用ライセンス共用のイメージ

3. クライアントのインストールや利用状況を管理者が把握できます(V5機能向上)

ネットワーク版では,StatWorks使用履歴をサーバーでログ(利用履歴)管理します.クライアントのインストール状況,起動日時や解析手法/時間帯/日付ごとの利用件数をグラフや集計表で確認することができます.

4. サーバーセキュリティが向上しました(V5新機能)

V4.0まではクライアントからサーバーのインストールフォルダにアクセスする場合がありましたが,V5ではサーバー・クライアント間のやり取りは全て通信方式になり,重要な通信は全て暗号化されています.

また,サーバーに設定されている製品ライセンスごとに,インストールできるクライアントをIPアドレスで制限できます.例えば,「総合編」は「xxx.xxx.xxx.aaa〜xxx.xxx.xxx.bbb」に,「QC七つ道具編」は「xxx.xxx.xxx.ccc〜xxx.xxx.xxx.ddd」に,とインストールできるIPアドレスの範囲を指定することで,部外者が間違ってインストールを行わないよう制限することができます.

5. 導入後のライセンス追加が容易です(V5機能向上)

ネットワーク版では,サーバーでライセンスの管理を行っており,導入後にインストール可能クライアント数や同時使用ライセンス数の追加,手法(機能)の追加,製品ライセンスの追加を行うことができます.

6. サーバー,クライアントが常に最新に保たれます(V5新機能)

自動アップデート機能をご利用いただくと,サーバーおよびクライアントが自動的に更新されます*6-1

*6-1
サーバーがインターネット接続でき,弊社サーバーからアップデートファイルを取得できる場合
セキュリティ上の理由でサーバーがインターネット接続できない場合は,アップデートファイルを手動で取得しサーバーを手動更新して下さい.サーバーが更新されると,その後クライアントは自動で更新されます.

7. クライアントPCを社内イントラネットから外して利用することができます(V5新機能)

「オフライン機能」を使って同時使用ライセンスをクライアントPCに固定する*7-1と,出張や会議などオフラ イン状態でStatWorksを利用することができます.

*7-1
クライアントで「オフライン機能」が使われている間はサーバー上の同時使用ライセンスが減ります.

稼働環境

ネットワーク版のご導入にあたっては,ご利用中のネットワーク環境が上記動作要件を満たしていることを予め情報システム部門にご確認ください.

ネットワーク版クライアントPCの稼働環境については,スタンドアロン版PCと同等となります.

稼働環境・対応OSのページへ

仮想OSでの利用は個別保証しておりません.StatWorksは動作時にクライアントPC固有情報が常に一意になっている必要があります.
クライアントPCをインストールする際,サーバーに接続されている必要があります
一般には間にプロキシサーバーを介するため,サーバーとプロキシサーバー間は8080などプロキシ接続のためのポートを指定します
サーバーの自動アップデートは使用/未使用を選択できます.一般的にはサーバーはインターネットに接続できない場合が多いので未使用に設定されます.サーバーをアップデートする場合は,インターネットに接続できるPCを使ってアップデートファイルを入手し,手動で行えます.

ご購入・お見積・お問い合わせ

ご購入お申し込み,お見積をオンラインで受け付けています.

JUSE-StatWorks/V5の無料体験版をお試しください
当社製品に関する資料・カタログをお送りします
イベント案内や製品などの最新情報をお届けします

ご不明な点がございましたら,お気軽にお問い合わせください お問い合わせ窓口へ

【参加費無料】第27回 JUSEパッケージ活用事例シンポジウム
「ビッグデータ時代の統計的方法の有用性」
2017年12月4日(月)開催 SYD修養団ビル 2階ホール
メールマガジン
最新の製品アップデート情報やセミナー・イベントなどのお知らせを,eメールでお送りします