1. ホーム
  2. パッケージ
  3. GTSTRUDL
  4. GTSTRUDL技術情報
  5. GTSTRUDLフォーラムジャパンのご報告
  6. >2012年

2012年

2012年11月8-9日に、米国ジョージア工科大学CASEセンターより、GTSTRUDLの開発者であるDr.Emkin氏を招いて、GTSTRUDLの最新情報、高度な使用法やノウハウを紹介させていただくフォーラムを開催しました。(GTSTRUDL Forum Japan 2012)。

今回のフォーラムでは、第1日目に最新バージョン32の新機能と次期バージョン33の新機能予定について説明させて頂き、第2日目はトレーニングとし、参加者の皆様に一人一台のPCを使っていただき、ユーザ様の関心の高い具体的なケースでの解析、および最新の有効であった解析例等を経験していただきました。

フォーラムの概要(英文・和訳)および、フォーラムでの配布資料一式は、以下からダウンロードできますのでご参考にしてください。

GTSFJ2012_Agenda.pdf  (フォーラム概要(英文),27KB)
GTSFJ2012_Agenda_JP.pdf(フォーラム概要(和訳),168KB)
GTSFJ2012_Handouts.zip  (配布資料一式,15.1MB)