1. ホーム
  2. パッケージ
  3. GTSTRUDL
  4. GTSTRUDL機能概要

GTSTRUDL機能概要

GTSTRUDLとは

汎用構造設計と有限要素解析のための完全に統合化されたソフトウェアシステム

GTSTRUDLは世界的なCAEシステムであり、構造解析や構造設計のプロセスを手助けします。GTSTRUDLは精巧なソフトウェアであり、効率的で、高度に信頼でき、そして汎用目的に使用できる構造解析/構造設計システムです。GTSTRUDLはエンジニアに設計における決定を行うための正確で完全な技術データを提供します。


(続きはこちらをクリックください)
ページの先頭へ

GTSTRUDLの設計機能は多種多様な鋼構造物に適用することができます。さらに、GTSTRUDLの解析機能、構造データベース管理機能と組み合わせることによって、解析結果に強く依存し、反復が必要な意志決定プロセス(解析/設計/表示/評価/再解析/再設計といった通常の実務で行われる手順)をコントロールすることができます。

GTSTRUDLはどんな場所でも利用可能で、最も有用で強力なコンピューターによる鋼構造設計支援ツールです。ユーザの皆様に最大限の設計の柔軟性をご提供します。


(続きはこちらをクリックください)
ページの先頭へ

GTSTRUDL_Analysis_1.gif

GTSTRUDLは、非常に複雑な構造物(節点自由度が異なるあらゆる部材、あらゆる有限要素タイプの組み合わせから成る構造物など)や、非常に多くの独立/従属荷重条件に対して、線形/非線形静解析、線形動解析が可能です。

線形静解析および動解析

  • 静的解析を解くために先進的なメモリ・ディスク管理法と共に、非常に洗練された可変バンド幅、可変部分分割、疎行列ソルバが使用されます。
  • 大規模かつ複雑な線形静解析の為に、複数階層のスーパーエレメント解析が可能です。
  • 線形弾性座屈解析は、スペースフレーム部材および伸縮・曲げプレート要素から成る構造物に対し可能です。
  • 節点自由度の拘束・主従関係を多種多様に記述することができます。
  • 節点変位を等値するためのJOINT "tie(タイ)"コマンドが用意されています。.
  • 剛ピン、剛板、剛平面、剛立体等、構造物の剛体的な振る舞いモデル化する為のコマンドが用意されています。
  • 構造物の固有振動数およびモード形状を計算するために、いくつかの固有値ソルバが用意されています。例えば、非常に高速なランチョス法、サブスペース反復法、スツルム・逆反復法によるハウスホルダ3重対角化法などです。

(続きはこちらをクリックください)
ページの先頭へ

GTSTRUDL_RC_Design_1.gif

調和のとれた2ブロック-ビルディングモデル 提供:香港住宅公社

GTSTRUDLの鉄筋コンクリート設計機能は、多種多様なフレーム構造物、スラブ構造物に適用することができます。さらに、GTSTRUDLの解析機能、構造データベース管理機能と組み合わせることによって、解析結果に強く依存し、反復が必要な意志決定プロセス(解析/設計/表示/評価/再解析/再設計といった通常の実務で行われる手順)をコントロールすることができます。

GTSTRUDLは、どんな場所でも利用可能で最も有用で強力なコンピューターによる鉄筋コンクリート設計支援ツールです。ユーザの皆様に最大限の設計の柔軟性をご提供します。


(続きはこちらをクリックください)
ページの先頭へ

GTSTRUDL CIS/2

GTSTRUDL_CIS2_1.gif

ジョージア工科大学CASEセンターでは、2002年2月よりGTSTRUDLとCIS/2との間でファイルをインポートおよびエクスポートする機能をご提供しています。これらの機能により、製造デザインまたはモデルを、対応する解析モデルに変換することが可能です。

この機能を使ってユーザーは以下のことを行うことができます。
・CIS/2解析モデルをサポートしている他のソフトウエアからGTSTRUDLへファイルをインポート。
・GTSTRUDLで作ったモデルからCIS/2解析モデルをサポートする他のソフトウエアパッケージへのエクスポート

ユーザは、これらの柔軟性を利用して複数のソフトウエアの強みを取り入れることが可能になり、より生産性を向上させることができるでしょう。

GTSTRUDL_CIS2_2.gif

CIS/2 ファイルのインポート

GTSTRUDL はCIS/2解析モデルから以下の情報を読み込むことができます。

  • 節点座標
  • 節点の拘束・解放条件
  • 部材(はり要素)の節点順序(Incidences)
  • 部材特性と位置(Cardinal Point)
  • 部材のβ角
  • 部材端条件(ピン結合or固定等)
  • 部材の偏心(Member Eccentricities)
  • 荷重条件
    • 節点荷重
    • 部材荷重(集中/分布荷重,部材/全体座標系)
  • 荷重の合成
  • "アセンブリマップ-GTSTRUDL上の解析部材が実際のどのCIS/2(CAD)部材に対応するかを示す-"の生成。

GTSTRUDL_CIS2_4.gif


(続きはこちらをクリックください)
ページの先頭へ

GTLogo.gifEarth.gif

GTSTRUDLの原子力関係における品質保証

GTPlant1.jpgpowerlines1.jpg

GTSTRUDLは次世代の原子力テクノロジーとともに常に進歩していきます。

GTSTRUDLは原子力発電施設関係の1960年代の設計基準までさかのぼって、その履歴データベースに設計基準を蓄えており、それを利用することができます。

GTSTRUDLは30年前の発電所のモデルを現在の進歩した構造解析&構造設計技術により再解析し、ユーザに大きなメリット並びに経費節減をもたらします。


(続きはこちらをクリックください)
ページの先頭へ

海洋構造物の構造解析/構造設計

GTSTRUDLのOffshore解析・設計機能は、SELOSを含むマクダネル・ダグラス社(MDC)STRUDLのオリジナル機能を取り込み、ジョージアテックによって改良が施されています。

 


(続きはこちらをクリックください)
ページの先頭へ

ページの先頭へ